三井住友海上きらめき生命の生命保険で見直しと節約

 

三井住友海上きらめき生命の生命保険で見直しと節約

三井住友海上きらめき生命の第三分野以外の生命保険は、かなり種類もあります。その中でここでは、「MS終身」という死亡保障保険を、同社の代表的な生命保険としてご紹介してみたいと思います。

三井住友海上きらめき生命の「MS終身」は、最近の生命保険の注目のポイントをしっかり押えている生命保険と言えるでしょう。 その特徴のひとつが「MS終身」が積立利率変動型の生命保険だという点です。積立利率変動型の死亡終身生命保険は、金利情勢に合わせて予定利率の見直しを定期的に行います。昨今の生命保険の予定利率はずっと低い時期が続いていて、終身保険の魅力でもある高い貯蓄性が期待できません。しかし三井住友海上きらめき生命の「MS終身」の場合、低金利の時代にあっても、運用利率で1.75%を最低保障していますので、最悪金利情勢が好転しない場合でも解約返戻金で損をすることはありません。反対に金利情勢が好転した場合は2.75%や3.75%といった高い運用利率が適用されますので、解約返戻金が増額するだけではなく増額保険金も期待できるのです。

また、三井住友海上きらめき生命の「MS終身」には代理請求特約を附帯することができます。保険金の請求を行える保険金の受取人が、被保険者と同一人物の場合、被保険者が寝たきりの状態などで意思表示が行えないような状況ですと、成年後見制度などを利用することになるのですが、これでは時間がかかりすぎてスムーズな保険金の請求が望めません。

このようなケースでも、代理請求特約を使うことで指定代理人による保険金の請求を行うことができます。この特約は無料でつけることができる特約ですので、必要ケースが想定される場合はかならずつけておきましょう。