東京海上日動あんしん生命の生命保険で見直しと節約

 

東京海上日動あんしん生命の生命保険で見直しと節約

東京海上日動あんしん生命も、医療、がん保険などの第三分野保険以外の生命保険の種類がたくさんあるのですが、人気もあり評価も高いのが「長割り終身」という終身死亡保障の生命保険です。東京海上日動あんしん生命の「長割り終身」はいわゆる「低解約返戻金型」の生命保険です。低解約返戻金型の生命命保険(終身死亡保険)とは、保険料の払込をしている期間の引き出し可能解約返戻金の額を抑えることを前提に、保険料を割安にした死亡保障保険ですが、払込が終了すると解約返戻金は通常に戻るために、割安な保険料で、高効率に解約返戻金を積むことができるのですね。

もちろん本来の機能が死亡時、所定の高度障害に陥った場合に契約した保険金が支払われるというものなのですが、低解約返戻金型終始保険の場合、貯蓄性が高いため払い済み時以降の老後資金などに返還して、解約返戻金を多目的に利用することにも向いている金融商品なのです。

さらに、東京海上日動あんしん生命の生命保険「長割り終身」は保険料払込期間が1年、1歳刻みで細かく設定できるため、目的をもった貯蓄にも向くのです。たとえば、一番適しているのが学資保険の代わりに「長割り終身」で貯蓄して、お子様が17歳、18歳あたりで払込を終了するように払込期間を設定すれば、元本割れしないで学資を効率的に貯蓄するなども考えられるのですね。

低解約返戻金型の終身保険は、他社でも販売されていますが、選択のポイントはその貯蓄率と、保険料払込期間が細かく設定できるかというところになるのではないかと思います。 その意味で東京海上日動あんしん生命の「長割り終身」は、おすすめできる低解約返戻金型の終身保険のひとつですね。